« 悲しいね | トップページ | I Don't Know! »

季節の翳りに

 新しい職場に異動して、やはり苦悩の日々が続いている。希望した仕事なので、そのものに文句はない。文句があるのは、職場の雰囲気。3月に挨拶に来たときから、なんだか冷たそうだな、と思った。まあ、自分も人に優しくするタイプではないから、そんなことはいいんだけど、問題はクライアントに対する態度が冷たいのである。

 今の仕事の対象は、人や社会に対して、適応できなかったり、その結果傷ついた人が多い。そんな人たちに対して、優しさをもって仕事をするのは当然、という気がする。仕事として、というよりも人として。

 それが、今の職場の人たちは、そういう人に対して、侮蔑感を持っている気がする。直接クライアントに対して口にはしないが、職員同士で、そんな話ばかり。聞いていると、本当につらくなる。

 立場としては注意しなければいけない。でも、それができない自分がいる。何を恐れているんだろう。注意しなければその発言を黙認したことになる。でも、心の耳をふさいでいる。

 人間性に対して注意する、忠告する、ほど自分はできた人間ではない、という言い訳を自分にしている。

Images

|

« 悲しいね | トップページ | I Don't Know! »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲しいね | トップページ | I Don't Know! »