« 部屋とワイシャツ | トップページ | 楽園のドア »

もう笑うしかない

 今年から、一般職員も目標設定型自己申告というのが始まった。で、提出期限を設定し、今日をその締め切りにしておいた。管理職に出す前のチェックとして。

 その内容・・・人に見てもらうということを前提として書いているのか疑問(誤字脱字)、組織として考えたかどうか相当疑問(同じ仕事をしていて、目標がバラバラ)、これオリジナルなのかという疑問(見本の丸写し)、、、

 時々思うのは、そういうことって、指導されないと気がつかないのか、ということ。そういう自分も相当厳しい上司がいた時があって、その人に資料を提出する時は相当な覚悟をして、準備をして、それでもダメ出しをされて・・・を何度も何度も繰り返した。そのおかげで、今はある程度人が求めている資料を作れるようにはなってきた(つもり)。

 ということは、自分の指導には、その厳しさが欠けているのではないかと思う。厳しさがその人のためになるということが伝わるまでには時間がかかるものだし。そもそも、やっぱり人を育てようとか、そんな気持ちが弱いのかもしれない。新人や経験の少ない人ならまだしも、ほとんどが自分より年上。

 う~ん、それにしても、誤字、、、なめられてるだけか。

|

« 部屋とワイシャツ | トップページ | 楽園のドア »

仕事」カテゴリの記事

コメント

確かに、人を指導するのって難しいですね。
ヘタをすると、仕事だけでなく基本的な考え方や礼儀等々。
でも2~30年も生きてきた大人(のハズ)に何言っても根っこの部分は変わらないだろうし、本当に嫌になりますね。
腰掛けOLじゃあるまいし、子持ちの男がとか。
もう、ダメなものはダメって割り切ったりしてる事もあります。

今の若い奴らは・・・・って思うのは、中年だからか?
なんか日本は、変わってしまっているように思います。

投稿: あき | 2007年5月16日 (水曜日) 午後 11時19分

その昔、もっとゆったりした時代だった頃(バブルより前)なら、ある意味で、そんな人たちももっといただろいし、そんな人たちを受け入れる余裕もあったのかもしれないですね。

そういう自分も、いつお荷物になるかもしれないんだけどね(^^ゞ

投稿: S | 2007年5月17日 (木曜日) 午前 05時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部屋とワイシャツ | トップページ | 楽園のドア »